あと10年余りで名実ともに私名義となる分譲マンション

丸みのある建物

不動産土地購入の際に注意する事

シンプルなマンション

消費税が5パーセントから8パーセントに上がって住宅の駆け込み需要も落ち着いてきました。

土地や家などは高額になるために、きちんと見定めて購入しなくては一生後悔する事になってしまいます。

分譲マンションや分譲建売戸建てなどは、土地の造成から上下水道まで設備を整えて販売されているので大きな問題はないと思いますが、土地を購入してそこに新築物件を建てる際には様々は注意点が必要になってきます。

土地には宅地や農地などといった区別がされています。

その土地が農地である場合は坪単価は宅地に比べて格段に安くなりますが、一般の人には購入する資格がありません。

農地を購入するには様々な条件をクリアした者しか購入する資格が無いのです。

その他にも、土地を購入すると地盤改良など造成が必要になってきます。

それまでその土地がどのような使用のされ方をしてきたかにもよりますが、軟弱地盤の場合は地盤改良が必要になってきます。

更には、上水道や下水道の設備が整っていなければ工事費用を支払って自分の敷地内まで引き込んでくる必要があります。

土地を購入しただけでは家を建てる事が出来ないという事を念頭に置いて土地探しをする事で、格安にマイホームを建てる事に繋がると思います。

HEAD LINE

千石のお家

私とスウェーデン人旦那は、3月31日に日本で入籍して、4月12日から海外に移住して暮らしている。入籍する前は日本で、東京文京区に暮らしていた。その時暮らしていたうちは、間取りはIK。しかし、最近流行ってるらしいその物件の間取りのタイプは、一応IKだが、実際はロフト部分が…

TOP