あと10年余りで名実ともに私名義となる分譲マンション

丸みのある建物

賃貸選びと環境のチェック

赤いライン

環境が悪いとすぐにまた引っ越したくなり、引っ越し代が無駄になります。まずは地域の口コミ情報のほか、臭気や騷音の有無なども確認しましょう。ごみの集積場はどこで、カラスの被害がないかなども要チェックです。深夜勤務の人は昼間のビン・カンのゴミ出しの騷音で睡眠を妨害されたり、近くの幼稚園・学校などの放送、消防署から出動したり、救急病院に到着する救急車のサイレンがうるさいこともあります。
 このほか花粉症の人はスギやヒノキの林、しつこい宗教勧誘をしそうな宗教施設、暴走族の通り道も要注意です。海に近い場所では塩風などもせっかくの愛車やバイクを錆びやすくしてしまいます。その場所の年間平均気温や降雨量も光熱費などに響いてきます。
 退去条件も入居契約時だけでなく、物件の説明を受ける時にしっかりと確認した上で選び、契約時には契約書への明記を確認しましょう。ハウスクリーニング代、畳・襖の交換費用は大きな負担になります。入居前にキズがある場所や経年変化しかかっているもの、すでに経年変化しているもの、壁や天井のシミなどもデジカメで撮影し、大家さんか不動産屋さんと確認し合っておきましょう。
 自分なりのチェックリストを作って、漏れのないようにじっくりと物件を納得して選びましょう。

HEAD LINE

千石のお家

私とスウェーデン人旦那は、3月31日に日本で入籍して、4月12日から海外に移住して暮らしている。入籍する前は日本で、東京文京区に暮らしていた。その時暮らしていたうちは、間取りはIK。しかし、最近流行ってるらしいその物件の間取りのタイプは、一応IKだが、実際はロフト部分が…

TOP